外壁の劣化度チェックのポイント

一般的な外壁の劣化度チェックのポイントは、以下の通りです。 1 シーリング切れ シーリングとは外壁材を繋ぎ合わせているゴム状のものです。 シーリングは劣化するとひびが入り、次第に切れ始めます。 2 ひび割れ 外壁の表面に塗膜(とまく)があります。 この塗膜の下地までダメージが無いひび割れのことを、 「チェッキング」や「ヘヤークラック」と言います。 塗膜の底まで割れている場合を「クラック」と言います。 3 チョーキング チョーキングは、塗膜が粉状になることを言います。 外壁に触ると白い粉がつきます。 4 塗装のふくれや剥がれ 外壁の内側に水が溜まると塗装がふくれ上がります。 5 カビや藻の発生 建物の北側の外壁は、カビや藻が発生し易くなります。 もし以上のチェックポイントに該当すれば、外壁の塗り替えのタイミングです。


特集記事
最新記事